ブログ

2018.05.21

岩村城址に行ってきました。

 岩村城(いわむらじょう)は岐阜県恵那市にある中世の日本の城(山城跡)です。江戸時代は、岩村藩が置かれていました。付近は霧が多く発生するため、別名・霧ヶ城とも呼ばれました。
 鎌倉幕府の征夷大将軍源頼朝の重臣加藤景廉の長男遠山景朝が築き、その子孫の岩村遠山氏が戦国時代に至るまでこの地を治めた。
 戦国時代には、織田氏と武田氏の両国の境目に位置し、どちらに属するか揺れていたようです。
 江戸期には、大給松平氏が治め、明治期まで続いていました。城址には、立派な石垣が残っていますが、山城で城下町から本丸まで登っていくには一苦労です。現在の岩村町は、城下町の風情を残した街並みとなっています。

復元模型

案内図

埋門

城内主郭への石段

城下町

リハビリネットリウマチネットCOMPANY TANK