疾患について

2016.11.08

手根管症候群の術後回復と痛み

手のしびれの原因の一つである手根管症候群に対して、当院では鏡視下手根管開放術を行っています。本疾患では、正中神経が手根管と呼ばれる手掌のトンネルの中で圧迫されて起こります。圧迫が起こると正中神経の能力が低下して神経の電気刺激を伝える速度が低下します。例えれば、携帯電話やインターネットの通信速度が落ちることと同じです。この電気刺激を伝える速さを測定する機械が、神経筋刺激装置です。当院では、術前と術後に計測しており、ほぼ全例(98.5%)で数値の改善が見られています。。手術前の症状で、しびれの改善は、術前の神経障害の少ない人ほど早く改善する傾向があります。夜間や早朝に生じる強い痛みやしびれ(いわゆる夜間痛)は、通常手術当日の夜から改善しています。一方の術後に生じる創部痛(切ったところの痛み)ですが、個人差あるものの3-6カ月くらいの間に軽快していきます。とはいうものの痛みを耐えて待つのがつらい人もいます。この場合、手掌痛と呼ばれるものに対しては低出力レーザーの照射や手根管内へのステロイド注射により症状が改善が見られます。また、時に生じる切開創の痛みには、ステロイドのテープを貼ることが有効です。

リハビリネットリウマチネットCOMPANY TANK