ブログ

2016.10.17

四十肩、五十肩の治療と授動術、リハビリ

肩の痛みで医療機関を受診された方は、四十肩、五十肩または肩関節周囲炎といわれた経験がおありかと思います。肩関節疾患の種類は多岐にわたり、インピンジメント症候群、上腕二頭筋長頭腱腱炎、石灰沈着性腱炎、腱板損傷、など多数の疾患があります。四十肩、五十肩は、肩の痛みともに、関節の動く範囲が狭くなる疾患の俗称です。有痛性肩関節制動症といったわかりにくい名称もあり、疾患の名称が統一されていないといった問題もあります。四十肩は、ほっておいても治るとお思いも患者さまも多いようで、当院来院時に肩関節の動きが、顕著に低下している人がいます。動きの低下が長期にわたると、関節包という関節の袋の大きさが小さくなり動きが制限され、筋肉の伸縮も悪くなります。当院では、こうした障害に対し、運動器リハビリテーションを行うとともに、動きの制限が顕著な方には、徒手授動術を行って、早期回復が得られるようにしています。授動術時には、一時的に痛みを伴いますが、通常のリハビリでは困難な早期の動きの改善が得られます。

リハビリネットリウマチネットCOMPANY TANK