整形外科

整形外科について

整形外科について整形外科は、骨や関節などの骨格系と、筋肉やそれをコントロールする神経系からなる運動器の機能的な改善を行う診療科です。
手足のしびれ、肩こり、腰痛、膝の痛み、神経痛、スポーツによる痛みやしびれなど、身体に起こる痛みや違和感を幅広く診療しています。また、骨折や脱臼、打撲、擦り傷、切り傷、やけどといった外傷の処置と治療、交通事故や労災によるケガなども診療しています。

専門医による質の高い整形外科医療の提供

専門医による質の高い整形外科医療の提供当院の院長は、これまでに幅広い整形外科診療経験を重ねており、数多くの手術も行ってきています。日本整形外科学会・日本手外科学会の専門医として長く研鑽してきた知識をもとに、安心できる整形外科診療を行うことで地域の方に貢献したいと考えています。
整形外科の診療で重要になるとは、痛みなどの症状を取ることと、患者様の生活スタイルに合わせた治療を行うことです。患者様ができるだけ快適に生活していただけるよう、しっかりお話をうかがって、わかりやすくご説明しております。お気軽にご相談ください。

こんな症状でお悩みではありませんか?

こんな症状でお悩みではありませんか?

外傷

骨折、ねんざ、打ち身、ムチウチ、スポーツ外傷

障害

頸部(くび)の痛み、肩こり、肩の痛み・肩が動かせない、肘の痛み、腰の痛み・ギックリ腰、手の痛みやしびれ、股関節の痛み、膝の痛み、足の痛み、足のしびれ

全身の疾患

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、関節リウマチ、痛風(つうふう)、ロコモ

腱鞘炎はもちろんのこと、頑固な手指の痺れをきたす手根管症候群の診断から内視鏡を使った外来手術も行っています。

関節リウマチ

診断から生物製剤をもちいた治療まで行っております。

整形外科で診療している代表的な疾患とその症状

症状 代表的な疾患
首の痛み、肩のこり 頸椎症・頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)・頸椎椎間板ヘルニア・頸椎症性神経根症・頸肩腕症候群
肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)・腱板損傷
腰の痛み 腰痛・腰椎捻挫・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・腰部脊柱管狭窄症・胸腰椎圧迫骨折・腰椎分離・すべり症・坐骨神経痛・骨粗鬆症
足の痛み アキレス腱断裂・足底筋膜炎・有痛性扁平足
足指の痛み 外反母趾・巻き爪・陥入爪・痛風
肘の痛み 肘内障・肘部管症候群・変形性肘関節症・テニス肘や野球肘などの上腕骨外側/内側上顆炎・離断性骨軟骨炎
膝の痛み 靭帯損傷・半月板損傷・オスグッド病(小児)・、変形性膝関節症・関節水腫・関節ねずみ
すねの痛み 脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)
手・手首の痛み 関節リウマチ・手根管症候群・腱鞘炎・手指変形性関節症
指の痛み ばね指・突き指・ヘバーデン結節・デュピュイトレン拘縮
鼠径部(ももの付け根)の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手のしびれ 手根管症候群・頸椎椎間板ヘルニア
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
外傷 擦り傷・切り傷・骨折・打撲・脱臼・やけどなど

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームロコモティブシンドローム(ロコモ)は日本語で運動器症候群と呼ばれているもので、運動器の障害のために移動機能が低下している状態のことを指します。筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板などの運動器に障害があって、それにより立つ・歩くといった運動機能が低下し、生活に支障を生じるようになります。ロコモが進行すると要介護となる可能性が高くなるため、健康寿命を守るためにも的確な予防が重要になってきます。
人類が経験したことのない超高齢社会が訪れる日本の未来を考慮し、2007年に日本整形外科学会がロコモという概念を広く提唱しており、当院でもこの予防に力を入れています。
いつまでもご自身の足で歩き、生活の質を下げずに暮らしていけるよう、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器を適切にケアしてロコモを予防することで、健康寿命を延ばしていきましょう。

予防と治療

最近、TVなどでロコモーショントレーニングが紹介されることが多くなってきています。これは、ロコモ予防のためのトレーニングで、どなたにも行いやすい簡単な運動内容になっています。ロコモでは患者様お一人おひとりの筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器の状態が異なります。また、トレーニングではご自分の体重である自重がかかるため、関節や筋肉に与える負荷が大きくなってしまう可能性もあります。そのため、正しいやり方をきちんと覚えることが重要です。
当院では、適切な検査を行って原因となる疾患を見極め、患者様に合わせた治療方法をご提案し、丁寧にトレーニングのご指導を行っています。痛みがあったり、動作のしにくさを感じたり、動くことが億劫になっている方、そしてロコモの可能性がある方は、お気軽にご相談ください。

スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科についてスポーツは種目ごとに運動内容が異なり、それに伴う外傷や障害も違います。スポーツ整形外科では、一般的な整形外科の知識に加え、さまざまなスポーツで生じる動作などの特殊性を理解した上で診療を行っています。また、単に故障を治すだけでなく、故障していない部分の筋力などをキープするための安全で効果的なトレーニング、大会などのスケジュールに合わせる治療、予防や再発防止を視野に入れたケアなども行い、患者様を全面的にバックアップしています。
治療では、運動やリハビリテーション、装具、手術などから最適なものを選択し、できるだけ早期の復帰を目指しています。
スポーツで受けたケガ、動きにくさなどの違和感、オーバーユースによる痛み、特定の動作にともなう不快感など、気になることがありましたらなんでもご相談ください。

神経ブロックについて

神経ブロックについて当院では、痛みを解消する治療を重視していることから、神経ブロック治療を導入しています。これは薬剤などによる一時的な痛み止めとはまったく違うアプローチで痛みを解消する治療法です。痛みは交感神経や知覚神経の異常興奮や緊張によって起こっています。こうした異常興奮や緊張を除去することで、その神経の領域にある痛みや不具合を断ち切るという内容です。
痛みがあることで、その部分が緊張し、治癒が進まなくなるケースがあります。そうした際にも神経ブロックは有効です。痛みがなくなると自然治癒力が正常に働くようになり、身体のバランスが整って症状は解消に向かいます。
また、さまざまな病気を引き起こす自律神経の異常は、病気の長期化や他の症状を起こすきっかけになる可能性があるため、自律神経をブロックすることで幅広い症状の改善につながります。

リハビリネットリウマチネットCOMPANY TANK