ブログ

2015.05.12

掛川城に行ってきました

掛川城は、東海道新幹線の掛川駅から徒歩7分の所にあり、新幹線の車内から見ることができます。城は高い丘の上にある「平山城:ひらやましろ」という形態に分類される城です。天守閣は、平成6年に木造で再建された天守閣です。この城には江戸期末に作られた二の丸御殿があります。日本全国で、残存している御殿は、二条城(京都)の二の丸御殿、高知城(高知県)の本丸御殿、埼玉県川越の喜多院(江戸城本丸御殿を移築)、川越城本丸御殿を含め5つで、かなり貴重なものです。
歴史的に特筆すべきことは、関ケ原の合戦の直前にこの城の城主であった山内一豊が下野の小山の陣から石田方と対決するため東海道を西上した徳川軍に城内の兵糧を含め城を徳川軍に提供したことです。合戦の後、この功績を認められた掛川5万石余の山内一豊は徳川家康から土佐1国24万石を賜ることとなりました。いわゆる出世城です。

掛川城の再建天守閣掛川城の再建天守閣

二の丸御殿からの天守閣の眺め二の丸御殿からの天守閣の眺め

本丸からの二の丸御殿の眺め本丸からの二の丸御殿の眺め

リハビリネットリウマチネット