ブログ

2020.12.04

インフルエンザ予防接種に関して

インフルエンザワクチンの在庫が若干あります。

先着順で10名程度ですが実施可能です。

ご希望の方は診療時間内にお電話にてお問合せ下さい。

当日の体温が37.0度以上の方の実施はお断りさせていただきます。

対象者:高校生以上(小児は対象外)

2020.11.30

年末年始の休診のおしらせ

年末年始は、(2020年)12月31日~(2021年)1月7日を休診と致します。予約システムで予約可能となっていましても、診療予約は入れないようにお願いいたします。

2020.10.20

慢性腰痛(持続する腰痛)

 慢性腰痛は現代社会でよく起こる障害です。数十年前であれば、受診時に問題なしと言われて済まされましたが、今日の生活や仕事の環境の中では見過ごせない障害となっています。このような慢性腰痛には運動療法(運動器リハビリテーション)が有効との学会報告や研究発表がみられる様になってきました。当院でも、慢性腰痛で受診をされる方が増加しており、運動療法を取り入れています。若い人では運動器リハビリテーションのみで症状が軽快することが多く、中高年ではリハビリテーションに加えて、薬物用法を加えると効果が期待できます。

2020.10.20

遠方からの受診で手根管症候群の日帰り手術を希望のお方へ

 遠方から来院で、当院での日帰り手術(手根管症候群に対する鏡視化手根管解放術)をご希望な方は、以下のことを調べた後に事前にお問い合わせいただけると、初診来院日に手術可能なこともあります。1)他院で診断を受けており、投薬治療で効果が出ない。または、手術が必要と言われていること。2)現在服薬中の薬の名前がわかっていること。3)健康診断やその他で、糖尿病の有無がわかっていること。糖尿病で加療中の場合は、ヘモグロビンA1cの数値。また、凝固機能検査ができれば行っていること。

 当院受診時に手術の対象となるかは、問診や検査により判断いたしますが、事前連絡により日程調整の上で受診いただけると、即日手術が可能なこともありますのでお知りおきください。

 

 

2020.10.07

手根管症候群の外来(日帰り手術)の状況

手根管症候群に対する関節鏡視下手根管解放術を行っていますが、今年の2月に新型コロナウイルスの感染症が広まり出してから、手術用手袋、手術用の滅菌ガウンが手に入りにくなっています。感染対策のために需要が増加していると思われます。本年6月末までに、119件の関節鏡視下手根管解放術を行いましたが、当面は材料仕入れの困難が続くと思われます。手術は、外来手術(日帰り手術)で行っているため、通常どおりには行っております。バネ指や、ドゥケルバン腱鞘炎の手術も同様に行っております。

また、院内の待合室や、リハビリテーション室では、椅子ごとまたは、リハビリベッドごとにパーテションを設置し、職員もフェイスシールドを装着しています。

また、当院来院時には、患者様及び各職員の検温も実施し感染対策も行っています。

 

2020.08.21

夏季休暇

夏季休暇として、(2020年)8月11日、12日、8月21日、22日を休診にしています。予約システムで予約可能となっていましても、診察はありませんのでご注意ください。

2020.05.08

診療時間

緊急事態宣言発令から当院では、平日の診療を17時30分までとしていましたが、
感染対策が一通りすみましたので、5月11日から今まで通りの時間に戻すことといたしました。
なお、今後の新型コロナウイルス感染の発生状況により、診療時間を変更する可能性があります。

2020.05.02

新型コロナウイルス対策5.2

4月8日の緊急事態宣言以降、当院では3密を避けるため、物療の休止、運動器リハビリーテーションの職員交代出勤による過密化防止などを行ってきました。さらに、物品の調達による対策として、待合室のシスの間やリハビリベッド間にパーテーションを設けることにより、ウイルス飛沫の暴露を避ける対策をとしました。また、職員の院内感染を避けるため、マスクに加え、アイカバー(ゴーグルのようなもの)を装着させるようにしています。業務内容や職員の顔の形状に応じ、異なったものを使用する状況となっています。1部でスポーツサングラスを付けている職員もおりますが、感染防御対策ですので、ご了解ください。

2020.04.13

診療時の留意点

  • 1. スタッフとの会話などは、約2mの間隔を空ける努力をしてください。
  • 2. 患者様と職員の会話は短時間(3分以内)に済ませてください。長くなりそうなときには、職員が話を中断する場合もあります。ご了承下さい。
  • 3. 職員からの説明もれて簡潔に行います。
  • 4. をしたくなったら、他人と可能な距離をとり、人のいない方向を向いて行ってください。
  •  マスクをしていない場合は手や腕で口を覆い飛沫の飛散を極力避けてください。
  • 5. できるだけ手でものを触らず。帰宅後は、手洗い、うがい できれば鼻腔洗浄を行ってください。
2020.04.08

新型コロナウイルスの対策 リハビリテーション

新型コロナウイルスの感染対策として、院内での接触時間を減らすことに努めています。

具体策として、

1. 予約のいらない物理療法(レーザー、パワープレートを含む)を、4月中を目安として中止することといたしました。

運動療法の担当職員も1週ごとの交替制とする予定です。このため運動療 法も当面の間、隔週で行わせていただく予定としております。担当職員より運動療法予約の段階でご案内する予定です。

1 2 3 4 5 6 8
リハビリネットリウマチネット 相模大野リハビリガイド